[多くの人が間違ってる!?]筋肉痛の真実。



筋肉痛の正体とは??

 あれ、なんか痛い!?久しぶりに筋トレした翌日なんかにこういうことってありますよね。よく耳にする「筋肉痛」です。ですがこの筋肉痛について正しく理解している方って意外と少ないようです。

というのも筋肉痛というのは、主に運動などによって傷ついた筋繊維が回復過程で炎症を起こしている状態なんです。ですからトレーニング後の筋肉痛は効果的に鍛えられていることを意味します。

炎症を起こした筋肉が修復すると、以前より強い筋肉になります。筋肉が同じ程度の損傷を受けないように守ろうとしていくんです。


筋肉痛の効果的な予防方法

 では具体的に筋肉痛はどうすれば防げるのでしょうか。

 まず、運動前に筋肉を修復してくれるタンパク質とエネルギー効率を高めるビタミンB1、疲労物質「乳酸」を抑えてくれるクエン酸を摂ることです。タンパク質は肉や魚、大豆に、ビタミンB1は豚肉、レバー、豆類に、クエン酸は柑橘類やお酢に含まれており、積極的に取り入れるべきです。

 また、運動前後のウォームアップやクールダウンも行うと良いです。ウォームアップに関してはやや汗をかく程度行い、クールダウンの後には静的ストレッチをすることを忘れないようにしましょう。

 さらに水分をこまめに摂ること。水分が不足すると血流が悪くなり、筋肉痛に繋がりやすくなります。運動前後はもちろん、運動中もこまめに水分補給しましょう。





 

 

 

筋肉痛への対処方法

 では、筋肉痛になった時どうするのがベストなのでしょうか。

 なるべく早く回復させることが大切です。具体的には冷やし温めるという方法が良いです。氷や冷水で冷やし、湯船に浸かり温めるという方法が血行を良くしてくれます。氷で冷やしすぎると凍傷になる恐れもあるので注意しましょう。

 積極的休養という方法もあります。ゆっくりと泳いだり走ったりすることで血行をよくすることができます。また、何もしないよりも疲労が抜けやすくなると言われています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました