肩こりに悩んでいる全ての方へ



 肩こりが辛すぎて、何もやる気が起きないという方。その気待ち、すごくわかります。肩が重いと、全身がだるく感じるんですよね。

 慢性的でどうせ治らないだろうと思っている方でも正しい知識を身につけて行動に移せば改善される可能性が高いです。では説明していきましょう。



 


肩こり原因

 では、肩こりの原因は一体何なのでしょうか?

 首から肩・背中にかけての筋肉がこわばり、だるさや重さ、疲労感、時に痛みを伴う症状が肩こりです。関係する筋肉は多いですが、僧帽筋という首の後ろから肩、背中にかけて張っている筋肉がその中心になっています。

 そういった筋肉に負荷を与えているのが頭部の重さです。頭部は腕や肩甲骨に加え、約6kgあります。つまり、肩の筋肉に負担がかかりやすい構造になっているのです。
 
 そこに精神的ストレスが加わったり、長時間スマホを見ていたりすることで、肩の筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲労物質の蓄積等に繋がってしまいます。
 
 その結果、肩こりが生じるのです。



 

究極の肩こり解消方法


姿勢の見直しをする

 いうまでもなく少ない箇所で頭部の重さを支えると肩こりに繋がってしまいます。約6kgありますからね。日々の生活から意識していきましょう。

 [良い姿勢のポイント]

  • あごを少し引く
  • ひざを伸ばす
  • 骨盤を立てるイメージで背中から腰、お尻にかけて直線に近いS字を作る
  • 少し胸を張る
  • 自然に背筋を伸ばす




適度にストレッチを行う

 オフィスワークなどで同じ姿勢を長時間キープしていると肩こりに繋がりやすいです。以下のようなストレッチを取り入れましょう。

1.肩甲骨あたりで手のひらを合わせ20秒キープ

 初めは肩甲骨あたりで行うのはしんどいと思います。腰あたりで行い、少しずつ上にずらしていきましょう。肩甲骨の可動域が広がり、肩が軽くなることが期待できます。


2.指先を肩前方につけて、肩甲骨を意識しつつ腕を大きく回す

たった1分でガチガチの肩がほぐれる。椅子に座ったままで行う「大きな ...
https://sheage.jp/article/41777

 指先が離れないように大きく回すことを意識しましょう。こちらも痛くない程度で始めて、徐々に大きな円を作れるようにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました