朝活とは?メリットとデメリット徹底解説

 

 

朝活良いって聞くけど実際どうなのかな?朝って眠いし合わないかな?

 

 
今回はこういった疑問に答えていきます。

 

朝活とは?

 朝活とは文字通り、「朝の時間を利用して何かしらの活動をすること」です。

 朝の出勤、通学前の時間を有効活用していることが多いようです。全国で自然発生的に交流会や勉強会なども行われています。



 




 

朝活のメリット

前向きになれる

 朝活をするとポジティブになれます。というのも早起きして網膜に光を当てると、セロトニンが分泌されるんです。セロトニンは安らぎに寄与する神経伝達物質です。

 また、睡眠で思考や記憶が整理されるため、脳にとって朝が一番フレッシュな時間です。よって生産的に考えたり先のことを考えたりしやすいです。





作業がはかどる

 朝活をするためにはもちろん、早起きしなければなりません。そのためには早く寝なければなりませんし、早めに夕食を済ませなければなりません。

 というように、逆算して予定を合わせなければならず時間の区切りができます。よって優先順位が明確になりだらけにくく、作業効率が高まります。





集中しやすい

 朝の時間帯は帰宅後と比べて体力が最もある状態で、かつ脳の疲労も無いですから自然と集中力が高まります。

 朝の方がクリエイティブなアイディアが出てきやすく、作業効率が上がることがわかっています。

 また、出勤や通学前など次の予定があるとより集中しやすいです。




心身の余裕が生まれる

 朝は時間がたつのが早いと感じる方は多いと思います。これは身支度や出勤、通学などすることが多いからだと考えられます。

 そんな時間を多めにとって、自分磨きにあてたりしたかったことをしたりすると心だけでなく身体にも余裕が生まれ日中のパフォーマンスも上がるでしょう。

 また、「遊び」の時間も生まれるのでよりクリエイティブな考えが浮かびやすくなり、新たなチャンスにも出会える可能性が高まります。




ダイエットに繋がる

 人は朝目覚めると交感神経の働きが活発化します。交感神経が活発化すると消費されるエネルギーが多くなります。

 よって交感神経が活発になる朝の時間帯にウォーキングやジョギングなどを取り入れるとダイエット効果を得やすくなります。

 

 




 

朝活のデメリット

眠気

 当然のことですが朝から作業するには眠気と戦わなければなりません。

 ですが朝活というのは普段あまり活動しない時間に生産的なことをするという時間をシフトすることです。

 よって睡眠を削らないようにしっかり管理し対策すべきです。

 


初めはストレスを感じる

 やはり慣れるまではストレスを感じると思います。

 ですが、まずは3日続けて徐々に習慣付けていきましょう。1日が長く感じますしできることも増えてくるでしょう。

 


夕方に眠くなる可能性がある

 早く起きる分夕方に眠くなる可能性があります。

 ですが対策として20分ほどの仮眠をとる、昼の糖質を少なめにするようにしてみましょう。改善されるはずです。



 

タイトルとURLをコピーしました