[超簡単!]朝から動ける人の行動5選

 

「朝起きると頭がぼーっとして、あまり動けない。。。」

 そんな方多いと思います。ですが、朝から行動できると午後の作業もはかどり、1日を充実したものにすることができます。

 そのための簡単な方法を紹介していきます。

 

 

 


光で目覚める

 まずは朝、しっかりと光を浴びることです。

 朝、光を浴びた15時間後にメラトニンが分泌されます。メラトニンは深部体温を下げてくれ、休息に適した状態に導いてくれます。

 このサイクルを確立できれば、自然と良い睡眠を取れて心地よい朝を迎えることができます。


 

レモンウォーターを活用する

 

セレブがレモンウォーターを愛飲しているというのを聞いたことがある方、多いかもしれません。

 このレモン水。実は朝飲むことは、かなり理にかなっているんです。体内時計がリセットされ、シャキッと目覚めることができます。




 

朝食はしっかり

 

 朝から動くためにはやはり朝食は欠かせません。

 朝食を取ることで、胃腸が目覚めます。

 また、よく噛むことで脳へ刺激を与えることができます。大脳皮質の感覚野や運動野、小脳など幅広く活性化することができるのです。

 


タスクを整理

 

 すべきこと、その優先順位を常に把握しておくべきです。

 これはタスクだけでなく、朝起きてから行うことや起こりうる想定外のことまで整理しておきましょう。

 


しっかりと笑う

 ペットと戯れる、親や兄弟と話す。なんでもいいです。

 なんでも良いですから朝から笑うようにしましょう。笑うことで

  • 血行が良くなる
  • 幸福感をもたらすエンドルフィンが分泌される
  • 自律神経が整う(リラックスと緊張のバランスが取れます)

 

 

タイトルとURLをコピーしました