[最新版!]人が朝、忙しく感じる理由と対策。

 もう30分経ってる………。仕事や学校がある日の朝にこんなことよくありますよね。

 なぜ朝は時間が経つのが早いのか、そしてどう対策すればいいのか解説していきます。

 

朝、時間が経つのが早い理由

やることが多い

 まず、朝はしないといけないことが多いですよね。


 洗顔したり、朝食を取ったり、整髪したり、歯を磨いたり、着替えたり。予定や連絡の確認もしなければなりません。


 そういったことをまとまった時間に、しかも、きっちり行わないといけない。これが朝、人が忙しく感じる大きな理由の一つですね。

 

制限が厳しい


 2つの制限が厳しいことも挙げられますね。


 まず、時間の制限です。家を出る時間は決まっているので、その時間までに身支度などを終えないといけない。これが焦りに繋がり、時間が経つのも早く感じると考えられます。


 次に、完成度の制限です。大切な第一印象を決定する身支度を適当にやるわけにいかないですし、連絡事項などの確認もしっかり頭に入れておかなければ仕事に響いてしまいます。


 このように、起きてすぐ緊張感を伴ってしまうことも影響してきますね。

 

朝落ち着いて行動するための対策

前日の夜に準備しておく

 
 朝しなければならない事って、前日の夜に分かっていることって多いですよね。


 ですから、前日の夜に着る服を準備したり、朝使うものを定位置に置いたり、To doリストを作ったりしておきましょう。小さいですが朝の余裕度がかなり変わってきます。

 

 

整理整頓しておく

前日の夜には予想もしなかったようなことが起こりうるのが、朝という時間です。


 臨機応変に対応するためにも、部屋やPCのファイルを整理しどこに何があるのかなるべく把握しておきましょう。


 また、するべきだけど出来なかったことや仕事に繋がりそうな気づきなどを書き出しておいて頭の整理もしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました