[超効果的!]物忘れを改善する10の方法

 

 この人誰だっけ、名前が出てこない……。何しようとしてたんだっけ……..?これって年齢のせい!?


 物忘れの激しさに焦りを感じる方に科学的・生物学的に効果的なアドバイスをしていきます。

 

睡眠を6時間半から7時間半取る

 記憶力を維持するのに最適な睡眠時間は、6時間半から7時間半だということが研究でわかっています。どんなに忙しくても、自己管理してしっかり睡眠を取りましょう。


 注意すべきなのは短すぎても長すぎても、良くないということです。少しずつ体を慣らしていき、習慣化させましょう。

 


グループ化して暗記

 情報量が多いと、頭の中が整理されず記憶に残りにくくなってしまいます。そこでグループ化するという方法がオススメです。


 人を覚えるのであれば、住所でグループ分けして覚えたり、スポーツの種目を覚えるのであれば、難易度で覚えたり………。工夫次第で覚えやすさが格段と変わってきます。

2019/4/18

 

納豆卵ご飯

 好き嫌いが分かれる納豆ですが、記憶のために是非取り入れてほしい食材です。なぜなら、記憶力を高めるレシチンや血流を良くするナットウキナーゼが含まれているからなんです。

納豆の驚くべき効果5選。

http://blog-enjoyable.com/wp-admin/post.php?post=523&action=edit&classic-editor


 納豆に卵を組み合わせることで、さらに記憶の改善につながります。卵は記憶形成を助ける働きが期待されているコリンやレシチンが含まれているからです。


 そこで、記憶の補助をしてくれる卵と納豆に、エネルギー源であるご飯を組み合わせた、納豆卵かけご飯がおすすすめです。


 納豆は夜に食べる方が効果が出やすいため、夜に納豆卵かけご飯を食べるとなお良いですね。

 

昼寝を取り入れる

 疲労がたまっていたり、仕事量が多かったりするという方は昼寝と取り入れると良いです。


 疲労度が軽減されますし、集中力も回復します。また、昼寝をする人はしない人に比べてアルツハイマー病の発症率が5分の1という研究結果もあります。

※注意したいのは、昼寝の時間を20分以内にすることです。20分以上取ってしまうと体内時計が乱れ、夜の睡眠に悪い影響を与えてしまいます。

 


 

定期的な運動

 定期的な運動によって脳血流や脳神経の成長を促すことがわかっています。効果が期待できるのは6ヶ月以上ですから、継続して取り組むことが必要です。


 運動することで人に会ったり、稀な出来事に遭遇したりすることが増えるというのも、物忘れ改善に効果を発揮します。

 

アウトプットする

  一度覚えた情報が本当に自分の頭に入っているのか確認し、記憶を定着させる必要があります。


 そのために、誰かに説明してアウトプットする方法が良いです。


 誰かに説明するためには情報を体系立て、理解し直すことが不可欠となります。それを、説明によって出力すると耳からも情報が入ってくるため、記憶しやすくなります。

 

気分転換を大事にする

  記憶には、感情を揺さぶるような経験を伴った方が定着しやすくなるという性質があります。


 そこで、普段利用しないようなカフェやファミレスで勉強や読書をしてみるというのもオススメです。


 記憶をたどる時に、「美味しいアイスコーヒーを飲みながら覚えたな」などときっかけになることもあります。

 

感想を書き留める

 本を読んだり勉強をした後、感想を書き留めるようにしておきましょう。


 感情を伴う記憶の方が、定着しやすいことがわかっているからです。読んだ後にどう感じたのかを言葉で表現することが効果的になってきます。

 

美BODY

 

繰り返す

 どんなに優秀な人でも1回で完全に頭に入るというのはごく稀です。


 情報が一度入ってきたら、口に出したり、それが無理なら頭の中で確認したりしましょう。繰り返すことで、より長期的な記憶になりますし、記憶の効率が上がっていきます


 

メリハリを大事にする

 やる時とやらない時のメリハリも大切です。


 25分集中して5分休むなどと時間で区切って暗記などの作業に取り組むようにしましょう。その方が脳の疲労度も減って、効率的です。


 休憩の5分ではストレッチやお茶を飲むなど作業から離れると、さらに効果が高まります。

タイトルとURLをコピーしました