簡単にスッキリ疲労回復。「積極的休養」のススメ。

 皆さんは疲れを感じた時、どのような休養を取っていますか? 寝たり、家でくつろいだり、ぼーっとして見たりといった方が多いかもしれません。しかし、それらが必ずしも、効果的とは言えないでしょう。

 そういった休養によって、逆に体がだるくなるという経験をした方も多いのではないでしょうか。実は、そういった休養よりも疲労回復に繋がりやすい休養の方法があり、「積極的休養」と言います。

 日常生活を送る上での妨げになる疲労に負けないようにするために、ぜひ試していただきたいです。

積極的休養とは?

 積極的休養とは、軽い運動によって体を動かすことで疲労回復効果を高める方法です。

 「体を動かすと逆に疲れるよ…」と思う方が多いかもしれませんが、運動によって血行を良くし、疲労物質が排出され、疲労回復の効果が高まるのです。

 実際にアスリートも、積極的休養を取り入れた翌日に完全休養するといったケースが多く、その効果の高さが伺えます。

 

積極的休養の具体例

ストレッチ

 疲労が溜まっていると、筋肉の張りが強くなり関節の可動域が狭くなったり、筋肉の張りによる違和感や疲労感、痛みが現れたりします。

 ストレッチを行うことで、縮まった筋肉を伸ばしたて血流を良くしたり、体の不調を改善したりすることにつながります。


ウォーキングやジョギング

 ウォーキングやゆったりとしたペースのジョギングといった有酸素運動も疲労回復に効果的です。

 また、一定のリズムを繰り返す運動は幸福ホルモン「セロトニン」の分泌を促します。このセロトニンは精神を安定させる働きを持ち、不足すると精神が不安定になります。

 不足すると、不眠や過食など体に悪影響を与えてしまいます。有酸素運動にマイナスイメージを持っている方でも、ゆっくりと自分のペースから始めてみましょう。

横着せずに入浴

 イメージ通りかもしれませんが、入浴も疲労回復につながります。入浴は水圧や温熱、浮力の効果を得られる方法です。

 ぬるめの温度でしっかりと浸かりましょう。疲労が強い時は冷水と温水の風呂に交互に入ると尚良いです。

 忙しいとシャワーで済ませがちですが、疲労回復のためにしっかりと入浴することをオススメします。


水中運動を行う

 オリンピック前に、女子マラソンの福士加代子選手が積極的休養として泳ぎを取り入れていましたが、それは水中運動の効果の高さを買ってのことです。

 浮力は体への負荷を下げて緊張を緩和させつつも、血行を良くしてくれます。また、水圧は筋肉を圧迫し、マッサージ効果を得られます。

【男女共用】失敗相談事例に学ぶ【マンション投資セミナー】

 

散歩や買い物でもOK

 積極的休養が疲労回復に効くのは わかったけど、そのために時間とるのも面倒…..。そう思う方、そこで、諦めるのは非常に勿体無いです。

 散歩や買い物で動くといっただけでも、積極的休養の効果は期待できます。通勤や用事の際、階段を使うなど工夫して取り入れてみてください!

タイトルとURLをコピーしました