[体の不調を劇的に改善!] クエン酸の効果と豊富な食材

 
 「体にはいいと思うけど、柑橘類に含まれていたり、酸っぱかったりという以外は、詳しくは知らないな」

 多くの方がクエン酸に対して、そういった印象をお持ちではないでしょうか?ですが、クエン酸には様々な健康効果があり、摂取できる食材も手の出しやすいものが多いです。

 クエン酸を定期的に摂取しないのは、かなり損をしてしまっています。そこで今回は、クエン酸の健康効果とクエン酸が豊富な食材を詳しく紹介していきます。

クエン酸の効果

疲労回復・筋肉痛の予防

 
 クエン酸が疲労回復効果があると言われるのには2つの理由があります。まずは糖や脂肪をエネルギー物質に変換する「クエン酸回路」の構成成分だから。クエン酸がなければ、この回路が潤滑に回らなくなってしまい、代謝が悪くなってしまいます。

 
 また、ブドウ糖をエネルギーとして使用する場合、ピルビン酸という物質に変化した後、乳酸(疲労物質)になりますが、クエン酸は乳酸をピルビン酸に戻すことができるから。つまり、クエン酸は疲労物質を代謝の材料に変換できるということです。


 さらに、この疲労物質を代謝に使うことで、筋肉痛の予防も期待できます。久しぶりに運動した時など大活躍の可能性ありです。


老化予防

  
 クエン酸はミネラル(カルシウムやナトリウム、カリウムなど)やビタミン類の吸収をしやすくしてくれる効果があります。よって、体内に取り込まれたミネラル類を酵素が触れる前にクエン酸が包み込み、酸化から守ってくれます。


 つまり、体の機能を調節しやすくなり、体調の改善、アンチエイジングも期待できます。


食欲増進

 
 特に暑い日など食欲が出ない日、ありませんか?その原因の一つに冷たい飲みものや食べものの取りすぎによる内臓機能の低下が挙げられます。


 そういった不調にもクエン酸が効果を発揮します。なぜかというと、クエン酸を取ることで、その酸味が唾液や胃液の分泌を促進してくれるからなんです。クエン酸を取り、しっかり食べ体調維持に努めましょう。


肝臓病に改善効果

 
  肝臓は代謝・解毒・排泄に重要な働きををする臓器である反面、「沈黙の臓器」と呼ばれよほどのダメージがないと症状が現れません。症状が出てからではもう遅いというケースが多いのです。


 ですが、クエン酸にはそんな肝臓の機能を改善する効果があります。さらに、肝臓病を予防する効果もあると言われています。


ダイエット効果

 
 クエン酸を取ることで、三大栄養素の代謝回路であるクエン酸回路を活性化することができます。

 
 つまり、クエン酸を摂取することで、代謝が上がるため、日々の適度な運動やバランスのとれた食事と組み合わされば、ダイエットにも効果的と言えます。


痛風の予防

 
 痛風は、成人男性がよくかかり、関節などに激しい痛みが出てしまう病気です。この痛風の予防、改善にもクエン酸は効果的です。


 というのも、クエン酸は、痛風の原因である尿酸をアルカリ性に変えることができます。アルカリ性にか変え、尿として体外に排出されるので予防・改善に繋がるのです。



クエン酸が豊富な食材

お酢

 
 お酢の中でも黒酢やもろみ酢がオススメです。黒酢は意外と、お肉との相性が良く照り焼きのタレにプラスすルだけで、さっぱりしてさらに美味しくなります。もろみ酢はドレッシンングや炒め物に相性が良いです。


柑橘系

 
 レモンやミカン、グレープフルーツにもやはり豊富に含まれています。果糖も多く含まれているため、取りすぎには注意ですがバランスよく取るようにしましょう。


梅干し

 その酸っぱさからイメージ通りかもしれませんが梅もクエン酸が豊富です。梅干しの場合、他にもリンゴ酸やコハク酸、酒石酸など多くの有機酸、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。


じゃがいも

 じゃがいもにもオレンジとほぼ同量のクエン酸が含まれています。ビタミンも豊富で章句生活に取り入れやすい食材ですので、色々と活用してみてください。

 

クエン酸を摂取する注意点

こまめに摂取する

 クエン酸は体内に蓄積されず、時間が経つと体外に排出されてしまいます。そのため、一度にたくさん摂るのではなく、こまめに摂取するようにしましょう。


ビタミンB群と摂る

 ビタミンB群はクエン酸回路をより効率的に回すために欠かせない成分です。そのため、一緒に摂ることで、エネルギー生産をスムーズに行えます。


運動後は糖質と一緒に摂取する

 運動をした後、体力が消耗した状態では糖質と一緒に摂りましょう。エネルギーの補給がスムーズになります。

タイトルとURLをコピーしました