[人間関係は気にするだけ無駄] 今付き合いのある人の9割は数年後には他人です。

 仕事でもプライベートでも、「人間関係」が悩みのタネという方は多いのではないでしょうか。「職場にいるあの人と関わりたくないな….」、「学校にいるあの子、しんどいわ….」。

 そう思っているあなたに、人と人が付き合っていく上で忘れてはならない事実をお伝えします。ストレスフリーな生活、明るくてハツラツとした生活が手に入るはずです。

結論:今周りにいる人のほとんどが数年後には他人です

 中学や高校、大学、職場で色々な友人と付き合いがあると、その後何十年もそういった人たちと関わっていくという錯覚に陥るかもしれません。

 ですが、これは大きな間違いです。中学から高校に上がると、中高一貫でなければ中学の人との関わりは大幅に減ります。高校から大学でも同様です。

では、なぜ人は付き合いを大事にしようとするのでしょうか?

一人では無力だと思っているから

 人間、確かに社会においては完全に一人で生きることは不可能です。ですが、同じ学校や職場にいるからという理由で、必要以上に集団化する必要はありません。そうすることで大きなデメリットが3つあります。

必要以上に群れるデメリット

進歩が遅い人になってしまう

Woman in Red T-shirt Looking at Her Laptop

 多くの人と群れると、それだけ気を遣う人の数も増えてしまいます。

 それに伴って、時間が取られたり、無駄なストレスがかかってしまい、その人が努力している分野の成長が遅れてしまうと言えます。自分としっかり向き合うことが他人との付き合いを考える前に最重要になります。

一人では何も出来なくなってしまう

Selective Focus Photography of Man Sitting Near Desk

 多くの人と群れることで、協力するのが当たり前、協力できる前提で物事が進んでいってしまいますよね。

 こうなってしまうと、自分一人で問題を解決したり、タスクと向き合ったりする力が養われず「一人では何も出来ない人」になってしまいます

 何事も行動力がなければ、一定以上のレベルに達することができないのは周知の通りですが、生きていく上で不可欠な「行動力」までもなくなってしまいます

自分を見失う

 他人と関わりすぎることで、自分がどうありたいか、何をしたいかを考えたり、行動に移したりする妨げになってしまいます。

 知らず知らずのうちに周りの目を気にしすぎたり、周りに合わせようとしすぎたりということがよくあります。結局、自分の人生は自分のためにあるのにも関わらず、この状況では大きな損です。

一人でもしたいことができる状況を作ればOK

 周りは全く関係ないです。自分のしたいこと、どうなりたいかを大切にしましょう。

集団化しすぎないための対策

自分をよく見せようとしない

 等身大の自分で居続けることを意識しましょう。今周りにいる人の9割は数年後には他人ですからね。

 ありのままの自分で居続けることで、自分も周りの人も楽でストレスフリーな生活を送ることができます。本当に合う人とだけ付き合うようにしましょう。

自ら行動する

 自分のしたいことに向かって何か行動してみましょう。日常に何らかの変化を加えることが大切です。小さなことからでも全然OKです。

  • 朝6時に起きることを習慣にする
  • 夕食後は20分のウォーキングを行う
  • 1ヶ月に一冊は本を読む

 こういったことから始めて、例えば、自分で稼ぐ力をつけたいのであれば、プログラミングのHTMLあたりから学習してみるといったように取り組んでみてください。

 何かしらの目的がある上で関わることが大切です。行動することで、人間関係に関しても見えてくるものが違います。

最後に。

 今の付き合いの大半は無くなります。歳を重ねるにつれて、自分と向き合うことが増えてくると思いますが、自分を大切にすること、自分が良ければ全て良しということを大切にして欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました