[驚くほどのこだわり] 8人の成功者の睡眠方法を徹底比較

 成功者が口を揃えて言う「睡眠は重要」。多くの成功者が徹底した管理のもとで、効率的な睡眠を取っています。では、具体的に何時間寝ていて、寝る前の習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。それを今回は、深掘りしていきます。

AmazonCEO ジェフ・ベゾス

 2020年世界長者番付で1位のジェフ・ベゾス氏。彼も睡眠を大切にしている一人です。睡眠時間はなんと8時間。それを必ず、毎晩確保します。

 彼はインタビューで「私は早く寝て、早く起きる」、「ストレスや働きすぎに立ち向かうには、睡眠がもっとも有効だ」と答えています。

 さらに「特にしんどい日の昼寝のために、“スリーピングバッグ”を職場に持っていく」ことも明かしています。昼間の眠気には抗うのではなく、潔く寝るというのも一つの方法ですね。

マイクロソフト創業者 ビル・ゲイツ

 IT王者とも評されるビルゲイツ氏もしっかりと7時間は眠ります。

 特集記事で「創造的で前向きになるために、7〜8時間の睡眠は必要だ。」、「人間はほぼ確実に、そうでないと確信していても、7〜8時間の睡眠を取るべき」と答えており、睡眠を重要視していることが伺えます。

 睡眠効率を高めることも意識しており、

  • 寝室にLEDの電球を置かないこと
  • 寝る前のお酒を控えること
  • 寝室の温度や湿度を管理すること

を実践していると言います。

 さらに、ビル・ゲイツ氏も午後3時よりも前に短時間の昼寝を取り入れています。朝から、活動すると、昼頃には寝るというサイクルが出来やすいのかもしれませんね。

Facebook CEO マーク・ザッカーバーグ

 ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げ、世界長者番付でも常連のマーク・ザッカーバーグ氏。

 彼は、5時間の睡眠時間です。時々プログラマーとのおしゃべりで夜更かししてしまうこともありますが、起床を8時に固定しています。

 マーク・ザッカーバーグ氏はその後週3回は運動をし、朝食を取ると言うことで「超朝型」の成功者とは言えませんね。

Apple CEO ティム・クック

 Apple CEOでNIKEの社外取締役も務めるティムクック氏。2018年には「世界で最もパワフルな人物」にランクインしており、年齢を感じさせないハツラツとした生活を送っています。

 そんな生活を送れるのも彼の生活リズムが関係しているのかもしれません。21時半〜22時に寝て、毎朝3時45分に起きるというので驚きです。

 インタビューでは「3時45分に起きると、生産性が上がる」と答えており、日中の集中力を高めるための週間だと分かります。


アフィントンポスト創設者 アリアナ・ハフィトン

Arianna Huffington

 ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』の創設者で、作家でもあるアリアナ・ハフィトン氏。メディア会で知らない人はいない逸材です。

 そんな彼女は、過労で倒れた経験があり、睡眠を大切な習慣と位置付けています。睡眠時間は7〜8時間は確保するそうです。

 TEDのスピーチで「成功するためには十分な睡眠が必要よ。」、「男性は睡眠不足を格好良いことのように言うけれど、それは大きな間違いだわ」「睡眠によって難しい局面は減る」と述べています。

How to succeed? Get more sleep | Arianna Huffington



バークシャー・ハサウェイ筆頭株主 兼 会長 兼 CEO ウォーレン・バフェット氏

 世界最大の投資持株会社を牛耳るウォーレン・バフェット氏。御年89歳でもそのパワフルな行動力は衰えることを知りません

 そんなバフェット氏は10時45分〜6時45分までの8時間睡眠だそうです。特集記事では「私は眠ることが好きだ」、「朝4時起きなんかは早すぎるけど、私は早めに起きているよ」と答えいます。

 起床時間は、自分に合ったリズムになるようにすべきだと言えそうです。

Google 共同創業者 ラリー・ペイジ

 Googleの共同創業者で、世界長者番付にもランクインしているラリー・ペイジ氏。

 ラリー・ペイジ氏はニュースサイトの中で「私は、22歳の時、”なんとか全てのウェブをダウンロードし、リンクを押さえておきたい”という展望を寝ている間に抱きました。これがGoogleの礎です。」と答えています。

 このように睡眠をタスクの一つとして捉え、労働時間を増やしすぎないことにも注意しています。

Yahoo! 元CEO マリッサ・メイヤー

 Yahoo!の元CEOであり、Googleの元副社長であるマリッサ・メイヤー氏。インタビューやイベントへの出席も多かったため、印象的だと感じる方も少なくないでしょう。

 そんな彼女の、そこでの若々しさが目を引いていたのも睡眠のおかげかもしれません。

 マリッサ・メイヤー氏は12時~4時または6時の4~6時間睡眠です。インタビューでは「私は燃え尽き症候群というものを信じていません」と夜間も仕事をし、常に仕事のことを考えているそうです。

 ですが、彼女は定期的に旅行をし、リフレッシュすることを習慣にしています

タイトルとURLをコピーしました