[対処法4選] 体がだるければ○○で劇的改善

 「しっかり寝たのに疲れが取れてない…..」、「日中、体がだるい…..」日々、生活を送っていく上で、こういったことって起こりますよね。

 やる気が出なかったり、集中力が下がってしまったり…、色々と困ることって多い….。ですが、こういっただるさを軽減する方法が、実際に存在します。誰でも手軽にできる対処法を4つ紹介します。

脚上げでむくみ解消

woman lying on floor

 心臓から遠い位置の脚は、体の中で血流が悪くなりやすい部位の一つです。特にふくらはぎは第二の心臓とも言われ、血液を送り出す上で重要な役割を担っています。

 それを解消するための方法が「足あげのポーズ」です。誰でも簡単に行えます。

  1. 仰向けになる
  2. 壁に近づく
  3. 脚を壁に立てかける
  4. 膝を伸ばす
  5. 両腕を体の横に広げる
  6. 5分ほどキープ(ゆっくりと大きな呼吸を心がけてください)

 お風呂上がりなど血行が良くなっている状態で行うと、より効果的です。

コーヒーを適量飲む

white ceramic mug and saucer with coffee beans on brown textile

 コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒・興奮作用があり、眠気を抑制したり、疲労感を軽減したりする効果があります。

 日中にコーヒーを飲むことで作業効率がアップすることが期待できます。

 ただし、注意すべき点もあり、カフェインの半減期(体内で量が半分位なるまでの時間)は約4.9時間と言われており、寝る5時間前のカフェイン摂取は控えましょう

 また、飲み過ぎると中毒症状が現れ、頭痛や動悸、イライラが起こることがあります。通常のカフェインが含まれているコーヒーなら、1日に4〜5杯までにしておきましょう。

足のツボを押す

脚, ウィンドウ, 車, 未舗装の道路, リラックス, 女性, 屋外, 靴, 幸せ, 屈託のないです, 国

 だるさを軽減する効果的なツボを紹介します。息を吐きながら3秒かけて押し、吸いながら3秒かけて力を抜きましょう。

ふくらはぎの「三里」

 まずは、「三里」です。

 場所は膝の皿の下、靭帯の外側にあるくぼみから指幅4本分下です。

 腹痛、下痢、嘔吐など胃腸の不調、膝痛や足のしびれなど足のトラブルなどに効果を発揮すると言われています。

足の裏の「湧泉(ゆうせん)」

 次は、「優泉」です。

 場所は足の人差し指と中指の間で、指の根元から3〜4cm下かかとに向かって下です。

 疲労回復や水分の代謝改善、冷えやむくみ解消に効果が期待できます。ぜひ、試してみてください。

睡眠を見直す

 身体の回復、そして翌日から効率的に何かに取り組むために、睡眠を見直すことは不可欠です。以下のようなことを寝る前に行ってしまってはいませんか?

  • 携帯やパソコンを操作
  • カフェインを摂取
  • 激しい運動
  • 温かいお湯につからず、入浴を済ませる

 これら全て、睡眠効率を下げてしまいます。なるべく行わないようにして、翌日スッキリ起きられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました