[体験談] ボクシングを1ヶ月続けて起こった体の変化4選

 以前から興味があったボクシングを始めて1ヶ月が経ちました。この1ヶ月で起こった体の変化は意外と大きく、かなり驚きでした。今回は、いつも行なっているメニューと体の変化についてご紹介していきます。

トレーニングメニュー

person wearing brown-and-white shoes jumping

 高校時代、陸上部長距離に所属していたこともあり、以下の通り結構ハードなトレーニングをこなしています。

  1. ストレッチ
  2. ランニング20分
  3. 縄跳び3分×3
  4. サンドバック打ち(3分×6ほど)
  5. ミット打ち(3分×2)
  6. サンドバッグ打ち(3分×4ほど)
  7. 筋トレ1時間ほど

 しんどいですが、ジムの雰囲気やトレーナーの覇気のおかげで刺激的な時間を過ごすことができます。

ボクシングを1ヶ月続けて起こった体の変化

体重の変化

person standing on white digital bathroom scale

 ジムにある体重計で測ったところ、筋トレが始まる前で2kgほどは落ちます。パンチの動作がかなりのカロリーを消費するようです。

 ボクシングのカロリー消費を知りたい方はこちら

 汗の量もすごいですし、短期的に痩せるならありかもしれませんね。ただ、根性は必要です。

筋肉量の変化

 ボクシング自体でつく筋肉は、腹筋や背筋、前腕が主だという実感があります。特に前腕は、トレーニング後、かなり疲労が溜まっているのがわかりますね。

 ボクサーの体型からもわかりますが、ゴリゴリのマッチョにはならない印象です。ただ、全体的に体がシュッとして見えるというのが大きなメリットだと思います。

日々の生活における変化

black laptop computer on brown wooden table

 自然とトレーニング以外の時間で作業に取り組もうとするので、捗ります。

 短い時間で納得のいくものをしっかり作ろうと、工夫できるので、集中度は以前と比べて格段とアップしています。

 時間を有効活用することができるので、一日の中でどこかにトレーニングの時間を入れるというのは良いかもしれませんね。

睡眠効率の変化

black table lamp on nightstand

 単純に疲れているので、入眠までの時間が極端に短くなりましたね。

 ただ、疲れていると言っても、心地よい疲労感で、今日も良い1日を過ごしたなという感覚です。

 なんとなく毎日を過ごしている方は特に、ボクシングを始めて見てはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました