[ボクシングミドル級最強] カネロの強さとは一体、何なのか?

 ボクシングミドル級のスーパースター、カネロ選手。彼のキャリアは、スーパーウェルター級から始まり、ミドル級王者を総ナメ、ライトヘビー級のタイトルまで獲得。

 このように華々しいボクシング人生をひた走り続けています。そんな圧倒的強さを見せ続けるカネロ選手の強さの訳は一体、何なのか。ボクシング経験者が、徹底的に分析していきます。

ディフェンス力

 まず、カネロ選手はディフェンス力に長けています。

 上半身をかがめる「ダッキング」、上半身を後ろに反らす「スウェー」、かがんで避ける「ウェービング」、上腕で攻撃を防ぐ「ガード」が特にうまく、相手もうまく対応できないことが多いです。

 というのは、ディフェンスによって

  • パンチの軌道を変える
  • 相手を疲れさせる
  • 自分の攻撃が入りやすくなる
  • 相手の攻撃リズムを乱す

といったことが起こります。よって、自分のしたいように動きづらくなり、ペースをカネロ選手が握りやすくなるんですね。

オフェンス力

 攻撃に関しても、超ハイレベルです。

 アッパーとフックの中間のパンチ、ストレートの威力が異次元です。ミドル級から2階級上げたライトヘビー級の対コバレフ戦でもKO勝利を収めており、そのパワーの凄さが伺えます。

 パンチのスピードも一級品です。対ゴロフキンとの第2戦目では、リーチ差で不利であってもスピードがあるため、相打ちになるというシーンが何回もありましたね。

打たれ強さ

【ボクシング】カネロ vs メイウェザープレー集【DAZN】

 カネロのプロ戦績は56戦53勝35KO1敗2分となっており、負けは対メイウェザー戦の判定負けのみです。

 これまで、相手の強烈なパンチをもらうことはありましたが、効いたような事はほとんどなくかなり打たれ強いといえます。

 階級からしても、KO負けがないのはかなりすごい事です。

保険コネクト

ボクシングスキル

サウルカネロアルバレス豪腕のKO集【村田の次戦の相手かも?】

 強烈なパンチを打つスキルが突出しています。

 カネロ選手は、まず、徐々に距離を詰めつつ左右に動きます。そして、前後に動いて的を分かりづらくします

 このようにプレッシャーをかける事で、相手はパンチを返そうとします。その時、相手は踏み込みすぎたり、ガードが下がったりします

 そこで、カウンターによって強烈なパンチを当てます。これは中々できることではないですが、カネロは器用に動き、確実に仕留めます。

タイトルとURLをコピーしました