[超効果的] 発熱で寝られない理由とその対策を徹底解説

 「熱が出た日、しっかり寝て早く治したいのになかなか眠れない….」

 こういったことって結構ありますよね。そして、そういうものだと我慢している方が多いのも事実。ですが、この原因を知り、対策をすることで、かなりマシになることが多いです。

 ぜひ、参考にしてみてください。

発熱で寝られない理由

woman covered in white blanket sleeping on white bed comforter

 発熱で寝られない理由は、以下の順に多くなっています。

  1. 関節などの体の痛み
  2. 激しい咳
  3. 鼻づまり
  4. 自律神経の乱れ
  5. 心理的ストレス
  6. 体内時計のズレ

「関節などの体の痛み」がダントツで多いようです。では、有効な対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

発熱でもしっかり寝るための対策

水分をしっかり摂る

コップ1杯の水, シャドウ, 孤独な, 光と影, サンシャイン

 まずは、不足している水分を補う意味で、水分補給は重要です。

 また、睡眠効率を高めるという意味でも欠かせない行為になってきます。

 発熱により、軽い脱水症状になっている可能性が高いです。そのため、水分を補給しないと、老廃物がたまり、疲れが取れにくくなってしまいます。

 さらに、寝るためには、約1℃の体温低下が必要と言われています。ですが、水分が不足していると、それがさらに、むづかしくなってしまいます。

クーリング

 クーリングも有効な方法の一つです。

 発熱に対してのクーリングとは、体表面の近くを通っている動脈がある頚部や腋窩、鼠径部へ氷嚢や冷湿布などを適切に当てて冷やすことです。

 凍傷などには注意して試すのもアリかもしれません。

解熱剤

white medication pills on brown surface

 発熱によって眠れない最大の理由である体の痛み。

 解熱剤は、これを沈める最後の手段になってきます。上の二つを試してみて、それでも寝付けないときは、使用するしかないです。

タイトルとURLをコピーしました