[ボクシング] 超人メイウェザーのすごさとは一体、何なのか?

 戦績は50戦無敗。史上初めて、無敗のまま5階級制覇を達成した、フロイド・メイウェザー・ジュニア。

 誰から見ても、超人であり、スーパースターであることは間違いありません。

 では、実際、そんな彼の何がすごいのか。今回は、3つの項目からボクシング経験者が徹底解説します。

メイウェザーのプロフィール

  • 生年月日:1977年2月24 日
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 身長:173cm
  • リーチ:183cm
  • 戦績:50戦無敗(27KO)

 
それでは、メイウェザーのすごさを見ていきます。


ディフェンス

 スーパーフェザー級のときは、KOが多かったメイウェザーですが、ウェルター級に階級を上げてからは、ほとんど判定勝ちになりました。

 その大きな理由の一つが、天才的なディフェンスです。

L字ガード

メイウェザー最強ディフェンス集

 最も有名なのが「ショルダーロール」ですね。よく、L字ガードと呼ばれています。

 前の肩でフックやストレートから顔やあごを、前の肘でボディーをガードします。後ろの前腕でも攻撃を防ぐことができます。

 他の選手もよく用いますが、メイウェザーはダントツで上手です。

 メイウェザーは、このディフェンスから、カウンターを合わせるのも上手く、相手選手はうまく対応できないことがほとんどですね。

プルカウンター

【常にカウンター狙い!】 メイウェザーのカウンターパンチ集 ボクシング

 「スリップカウンター」もよく使うディフェンスの一つです。プルカウンター、リーンバックとも呼ばれます。

 相手のパンチがきたら、上半身を反らして避けて、自分のパンチを合わせるという技です。

 移動距離を大きくしすぎず、カウンターをしっかり合わせることを意識しています。方向について、後ろだけではなく、左右にずれたり、様々なパターンがあります。

スピード

スピードが違いすぎる! フロイドメイウェザーの神速ファイト集 ボクシング

 スピードに関しても、神がかっています。

 具体的には、

  • パンチスピード
  • 反応のスピード
  • ステップのスピード

ですね。パンチスピードは、素人目にもわかりますし、特に体格差のある相手との戦いでは反応スピードも生きていることがよくわかります。

 ステップなどの移動も素早く、的をなかなか絞らせません。

ファイトマネー

 無敗で5階級制覇しただけあり、ファイトマネーの額も異次元となっています。

  • マクレガー戦:約300億円
  • パッキャオ戦:約200億

 このような額となっており、試合の盛り上がりも、かなりのものです。

 ファンに見たいと思わせることができるというのは、大きな魅力があるということであり、やはりスーパースターですね。

タイトルとURLをコピーしました