[知らないと損!]日本で普通に使用されている有害な着色料9選

 「日本の食品であれば安心・安全」

  多くの方がそう思い込んではいませんか?

 ですが、実際は日本で普通に使われているのに、アメリカやEUでは禁止されている着色料というものが存在します。

 それらを知らずに、食品選びをするのはかなりの損ですよね。そこで今回は、そういった着色料でよく使われているものをご紹介します。

 日々の食品選びに参考にしてください。

有害な着色料が日本で使用されている理由

 日本の食品添加物で日本政府が認めているものは、約1500種類だと言われています。

 それに対して、アメリカで認められているものは約130種類で、イギリスでは約20種類と、日本で認められている添加物の多さに驚かされます。

 では、なぜ日本はそんなにも多いのでしょうか。

 それは、以下の理由から規制が緩くなってしまったからです。

  • 価格競争が激しいから
  • 日本人の味覚が敏感だから
  • 衛生面に厳しいから

 このように、日本人の性格や特徴が大きな理由だと言われています。

では実際に、注意すべき着色料とは?

赤色○号

赤色2号(アマランス)

 アメリカや北欧では、禁止されています。なぜなら、

  • 発がん性
  • 不妊
  • アレルギー症状

といった有害性があると考えられているからです。ですが、日本では、ゼリーやアイス、かき氷のシロップによく使われています。

赤色3号(エリスロイシン)

 こちらもアメリカでは禁止されていますが、日本では普通に出回っています。

 以下のように、体への害をもたらすと言われているからです。

  • 発がん性
  • 染色体異常
  • 赤血球減少
  • 成長抑制

染色体にまで影響する怖い着色料です。日本では、お菓子類や福神漬け、かまぼこなどに使われています。

赤色40号(アルラレッドAC)

 EUでは、子供の摂取を控えるように言われています。

 それもそのはず、

  • アレルギー症状の誘発
  • 腎臓に有害
  • 多動性障害

となる可能性があるからです。日本では、キャンディや清涼飲料水に使われています。

赤色102号(ニューコクシン)

  アメリカやカナダ、ベルギーでは使用が禁止されている着色料です。

  • 肝機能低下
  • アレルギー症状
  • 遺伝子の突然変異

を引き起こす可能性が高く、注意したい着色料です。日本では、菓子類やソーセージ、漬物に使用されていることが多いです。

赤色104号(フロキシン)、赤色105号(ローズベンガル)、赤色106号(アシッドレッド)

 驚くべきことに、104号〜106号は日本以外のほとんどの国で禁止されている着色料です。

 104〜106号は似た性質を持っており、

  • 発がん性
  • 遺伝子損傷性
  • 変異原性
  • 染色体異常

といった悪影響をもたらしてしまうと言われています。日本では、菓子類やソーセージ、ハム、漬物に使用されています。本当に気をつけたい着色料です。

黄色○号

黄色4号(タートラジン)

 ノルウェーやスウェーデンでは禁止されていますが、日本ではよく目にする着色料です。体への悪影響としては、

  • 胃炎
  • 下痢

などを引き起こす可能性があります。日本では、たくあんやキャンディ、アイスクリームによく使われているため注意が必要です。

黄色5号(サンセットイエローFCF)

 ヨーロッパの多くの国では使用が禁止されています。なぜなら、

  • アレルギー症状
  • 体重減少
  • 下痢

を示す実験例があるからです。日本では、菓子類や清涼飲料水、漬物によく使われています。

ライザップ
タイトルとURLをコピーしました