[社会の現状]日本の大学生がオワコンである理由4選

 「憧れのキャンパスライフ」、「最も自由度の高い学生生活」

 日本の大学生の生活は、このように良いものに描かれがちですが、世界的に見ても”オワコン”です。

 今回は、実際の学生が見た日本の大学生がオワコンである理由を4つご紹介していきます。

単位を取ることしか考えていない

people sitting down near table with assorted laptop computers

 ほぼ全ての日本の大学生は、単位を取ることしか考えていません。

 自分が専攻している分野について詳しくなろうとか、学んでその後に活かそうといったと言ったことは全く考えず、単位を取ることが全てなのです。

 課題が出れば、先輩に見せてもらったり、皆でグループを作って同じようなものを作ったりします。

 こうして得られた「単位」というものがどういった意味を持つのかは不明ですが、日本社会ではあって当たり前のものようです。

そもそも勉強しない

photo of three men jumping on ground near bare trees during daytime

 日本の大学生は、普段全く勉強しません。

 なぜねら、一つ目でも書いたように、単位を取ることが一番の目的だからです。

 今後のことを考えたり、やりたいことを考えたりは全くしません。大学生になった瞬間、人生において最高の自由を手に入れたかのような、中身のない毎日を過ごします。

 そうして、時間とお金だけを無駄にする大学生活を送るのです。

意味のないことばかりする

man carrying woman on back

 日本の大学生の「格好良い」、「心地よい」という感覚は、かなりずれています。

 それが原因で、意味のないことをしている光景がよく見受けられます。それで他人に迷惑をかけている人もおり、非常に恥ずかしいことですよね。

 ただ、これも現状です。どこの大学でも一定数はいると思います。

自分の将来を考えていない

silhouette of people standing on hill

 大学が終われば、もちろん社会人です。

 それにもかかわらず、将来のことを考えていない人がはっきり言って多すぎますね。考えて入れば、上のような行動にはつながりません。

 1・2年は遊びほうけて、3年からインターンで形だけ就職を知り、4年から本格的に始動と直前で焦るパターンです。

 残念ですが、これが現状です。

タイトルとURLをコピーしました