[ボクシング] デラホーヤが復帰を考えた理由3選

 かつて史上初の6階級制覇を果たした、ゴールデンボーイ「オスカー・デ・ラ・ホーヤ」。

 彼が選手として復帰するというニュースが大きな話題になっています。

 それにはどんな理由・意味があるのか。現在の状況から、迫っていきます。

まだ輝きたかった

scenery of grass and trees

 デ・ラ・ホーヤは、現在ゴールデンボーイ・プロモーションズCEOとしてプロモーターとして活躍してきました。

 プロモーターというのは、試合をする際の興行を行う人です。名誉はもちろん、財まで手にして選手に復帰するのは、まだ輝きたかったということでしょう。

 男としての真剣勝負をもう一度したいという強い意志が感じられます。

タイソンの試合に影響を受けた

 元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソンと元4階級制覇世界王者ロイ・ジョーンズ・ジュニアのエキシビジョンマッチが11月28日に行われることになっています。

 この対戦が大きな影響を与えたと言っても、過言ではありません。スター同士、引退してから時間がたった今、どこまでやれるかとも考えたでしょう。

男としての大勝負をしたい

下滝, 滝, 強力な, 水, 黒人男性, 水泳, 下の雨, 雨, 幸せな男, 自然, 新鮮な, スプラッシュ

 人生一回切りですし、かつてあれだけ輝いた選手です。

 もう一度、勝負したいという気持ちが出てきたと考えられます。47歳ですが、あの天才がどこまでやれるのか世界中から注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました