[ ボクシング] 京口紘人の減量解説 〜考え抜かれた方法〜

 ボクシング軽量級でありながら14戦14勝9KOと、かなりのパンチ力を誇る京口紘人選手。

 そのパンチ力を落とさない、彼の減量はどのように進められているのでしょうか。

 メディアへの発信などから、ボクシング経験者が分析・解説していきます。

普段の体重は57〜58kg

 京口選手の現在の主戦場は、ライトフライ級(48.97kg以下)ですから、10kg近く減量する事になります。

 10分の1もの体重を落とすというのは、かなり過酷と言えます。

 ただ、試合10日ほど前から、あと5kgほど落とすそうです。

食事制限とハードなトレーニングで落とす

出典:京口紘人チャンネル

 京口紘人選手は、パフォーマンスを発揮することを意識して食事をとっています。

 スパーリングがある前日には焼肉を食べたり、試合10日前の夕飯でも(上画像)野菜メインではありますが、鍋を食べたりします。

 5日前から一気に質素になるようです。

練習のパフォーマンスを下げないことを意識

man in blue top

 漫画や映画のイメージで、水を一切飲まない様子が想像されがちですが、京口選手は試合で勝つ事に重きを置いています。

 試合2週間前でもスパーリングがあれば、練習前にドーナツを食べることもあるとか。

 人それぞれ、自分にあった原料というものがあると言えます。

1日に5回体重計に乗る

black and white measuring tape

 京口選手は、1日に5回、体重計に乗るそうです。

 朝起きてすぐ、走った後、練習前、練習後、晩御飯後と、徹底した管理を行なっており、強さに納得がいきます。

 これだけ乗っていると、練習後の体重がわかるまでになります。

タイトルとURLをコピーしました