[総合格闘技] 朝倉未来の経歴 〜幼少期に行なった格闘技や中学・高校まで〜

 今や総合格闘技界・YouTube界を引っ張る存在となった、朝倉未来選手。

 ですが、かつては非行に走ったこともありました。

 今回は、そんな朝倉未来選手の経歴について、詳しく解説していきます。

0歳:愛知県に生まれる

baby covered with white blanket

 朝倉未来選手は、1992年7月15日に愛知県豊橋市で生まれました。

 山と海に囲まれ、名古屋にも近い便利な街です。

3歳:相撲と空手を始める

woman in pink bikini lying on round concrete fountain

 朝倉未来選手は、幼少期から相撲と空手に取り組んでいました。

 空手で全国2位になったり、相撲でもかなりの実力でした。

 気持ちや腰の強さは、幼い頃から鍛えられていたのですね。

11〜12歳:初めての喧嘩

persons right foot on white wall

 初めての喧嘩は、小学6年生のとき。

 転校先の同じ学年の小学生に「俺の方が誕生日が先だから敬語使え」と言われフルボッコにしたそうです(泣)。

 気持ちの強さは、この頃からあったということですね。

12歳:地元の中学に進学

two white wooden tables near glass window

 中学は地元の、豊橋市立高豊中学校に進学しています。

 この中学では、朝倉未来チャンネルのメンバー「吉田くん」と、よく動画で登場する「岡くん」が出会った場所です。

 その1学年下が朝倉未来選手でした。中学生の頃から、偉そうな先輩に反抗していたそうです。

15歳:高校に進学

brown wooden table and chairs

 高校は、愛知県立三谷水産高等学校に進学しました。

 ただ、5〜6ヶ月後には退学し、少年院に行くことになります。少年院で1年4ヶ月を過ごしました。

 理由としては、喧嘩や交通違反が多かったためです。

19歳から21歳:現場の仕事

man in black jacket and blue denim jeans standing on brown metal ladder during daytime

 高校を中退した朝倉未来選手は、現場の仕事をしながら、格闘技のトレーニングに励むことになります。

 禅道会豊橋道場に入門し、仕事後には仲間からの飲み会を断り、階段ダッシュや筋トレなどを行なっていたそうです。

22歳:アウトサイダーデビュー

ボクシング, 緩い, Ko, 審判員, リング, 戦い, スポーツ, 競争, Professional

 地下格闘技界でトップレベルのTHE OUTSIDERに21歳のとき、初出場します。

 一度、落選したという背景があります。

 ただ、結果的には、圧倒的な強さで60ー65kg級と65ー70kg級の二冠を果たします。

25歳:日本トップレベルの総合格闘技大会「RIZIN」にデビュー

 そして、間違いなく日本の総合格闘技団体の中でもっともレベルの高いRIZINの試合をするまでになります。

 RIZINの試合は全勝で、気迫あふれる攻撃にファンは大盛り上がりです。

 ダウトベックやグスタボといった強敵を次々と倒し、階級では4kgも上の矢地選手にも見事勝利しています。

タイトルとURLをコピーしました