[UFC参戦?] 朝倉未来の今後を3つの視点から徹底分析

 2020年11月21日、RIZINフェザー級タイトルマッチでまさかの敗退を喫した朝倉未来選手。

 試合後の発言から、今後の活動に大きな変化が生じそうだと判断されています。

 そこで、今回は朝倉未来選手の今後を徹底分析していきます。

引退延期か

RIZIN25を終えて

 現在28歳の朝倉未来選手ですが、実は30歳で格闘技引退を公言していました。

 ただ、今回の試合を終えて「俺、30歳で格闘技辞めれるかな。格闘技ってマジで面白いな」と発言しています。

 相手選手の怪我が治ってダイレクトリマッチするまでに少なくとも3ヶ月、さらにその後Bellatorのチャンピオンと戦うことを考えると時間的にかなり厳しくなります。

 大きな怪我もないため、35歳くらいまで競技を続けるのではないかと推測されます。

日本人の夢:朝倉未来のUFC参戦

 気持ちの強さ、フィジカル、ファイトスタイルから必ずと言って良いほど盛り上がるのが朝倉未来選手の試合です。

 その実力もかなりのもので、UFCでどれほど通用するのかは多くの方が注目しています。

 もし本当に引退が延期となれば、UFC挑戦は大いにあり得ます。所属ジムのオーナー堀鉄平さんも金網の事務を作っており、設備に困ることはないと言えます。

他分野でも活躍

アーキテクチャ, 建物, インフラストラクチャ, 構造, 設立, アパート, 窓, マンション

 とにかく「きれる頭」の持ち主である朝倉未来。

 オーナーの影響もあって、不動産投資も学びたいと発言しています。他にも様々なビジネスのアイデアを実行に移しています。

 よって、格闘技引退後は実業家としてかなりの成功を収めると予想されます。

オンライン訴求専用LP
タイトルとURLをコピーしました