[総合格闘技界のホープ] 堀口恭司入場曲のわかりやすい日本語訳

 格好良い、盛り上がるという声が多い堀口選手の入場曲「My Time ft. Jeremih」。

 今回は、その曲の日本語訳をしていきます。

 実際に聞きながら、楽しんでみてください。



堀口恭司選手の入場曲

Fabolous ft. Jeremih – My Time (Official Video)


Yea「よし」


Go hard, today「本気で行くぜ、今日は」


The past is the past you know「過去は過去なんだよ、わかるだろ」


Can’t worry the past coz that yes-sterday「過去のことは気にするな、昨日は昨日だろ」


It’s a new day bro「新しい日が始まるぜ」


Ima put it on the line coz it’s my time「俺は”それ”に命をかけるぜ、だって俺の時代が来ているんだから」


My day, gotta do it now「俺の日だから、今こそやらなければならない」


Hey hey hey heey「おい」


I gotta stay on my grind coz it’s my time (hey),「成し遂げなければならない、だって俺の時代なんだから」


My time (hey), my time (hey)「俺の時代だ、俺の時代が来たんだよ」


If your with me let me hear you say, common「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


If your with me let me hear you say「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


It’s my time「俺の時代だ」

Guess what time it is, my my my time「今どんなときか分かる?俺の時代だ」


You can check your I phone, better say it’s our time「お前が自分のiPhoneを確認すると、それは言うだろう、俺たちの時代が来たと」


I don’t even need a watch, I don’t even see a clock「俺に腕時計はいらないし、俺は時計を見ることさえしない」


Soon as a I walk in, it feel like me o’clock「俺が入るとすぐに、俺の時間だと分かる」


Give me a clock, Every time I check「俺が確認するたびに、俺に時計をくれ」


Singers don’t measure up, and try and blame the Pyrex「歌手たちは予想なんて立てない、挑んでパイレックス(耐熱ガラス)のせいにする」


Damn, ima do it bigger than a 5-ex「俺は5XL(洋服のサイズ)よりでかいんだ」


Can’t ride with an L, so I don’t drive lex「俺はL(LOSS=負け)とは無縁だ、だからレクサスには乗らない」


Games so bickery, so full of trickery「ゲームは揉め事だ、だから策略ばかり」


Nursery, rhyming, hickory, dickory「幼稚園、押韻、ヒッコリー(木の一種)、ディッコリー」


Blowing that side, the hood call it pickory,「あっちへ吹き飛ばす、フードはそれをピッコリーって呼ぶ」


Biggie, puffy, busta victory「大物、腫れ物、気取り屋の勝利」

Go hard, today「本気で行くぜ、今日は」


Can’t worry the past, coz that yes-sterday「過去は過去なんだよ、わかるだろ」


Ima put it on the line coz it’s my time「俺は”それ”に命をかけるぜ、だって俺の時代が来ているんだから」


Hey hey hey heey


I gotta stay on my grind coz it’s my time (hey),「成し遂げなければならない、だって俺の時代なんだから」


My time (hey), my time (hey)「俺の時代だ、俺の時代が来たんだよ」


If your with me let me hear you say, common「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


If your with me let me hear you say「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


It’s my time「俺の時代が来た」

My time is more like fly time「俺の時間は、周りより飛んでる感じなんだ」


Don’t call to get dressed, call it in a sky time「かっこつけて呼ぶな、飛んでるときに呼べ」


If you aint a pilot, you probly couldn’t style it「お前がパイロットじゃないのなら、そのふりをすることはできない」


Unless you was a stewardess, you wonder what to do with this「お前がスチュワーデスでないのなら、何をすべきか戸惑うだろう」


First I take the time out, then I put the time in「俺はまず一息ついてから、集中する」


Money aint everything, it’s more about the timing「金が全てじゃない、タイミングの方が大切だ」


So I got the water mark, Flawless diamonds「だから俺は、ウォーターマークとか傷のないダイヤモンドを手に入れる」


In other words that’s called perfect timing「言い換えると、それは完璧なタイミングだ」


I feel like a favour, I feel like a savour「俺は大事にしたいし、味わいたい」


They clock in my neck, I feel like I’m flavour「奴らが俺の首で時間を測ると、俺は味を感じたくなる」


I go so hard, Loso god「ハードに行くぜ、俺のニックネームは神」


Damn, street, fi-di-di-di damn「踊れ、叫べ、fi-di-di-di damnってな」

Go hard, today「本気で行くぜ、今日は」


Can’t worry the past, coz that yes-sterday「過去のことは気にするな、昨日は昨日だろ」


Ima put it on the line coz it’s my time「俺は”それ”に命をかけるぜ、だって俺の時代が来ているんだから」


Hey hey hey heey


I gotta stay on my grind coz it’s my time (hey),「成し遂げなければならない、だって俺の時代なんだから」


My time (hey), my time (hey)「俺の時代だ、俺の時代が来たんだよ」


If your with me let me hear you say, common「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


If your with me let me hear you say「もし俺と一緒にいるなら、お前の声を聞かせてくれ」


Ma ma, ma ma, (dah dah dah dah dah)


It’s my time「俺の時代だ」

Oh now I know mine, it’s been a few years「今こそ俺は自分のことがわかってる、あれから数年経ったからな」


Know I’ve seen bout time「そう、俺は時間を見続けてきた」


You know I’ve got committed with the system up in the zone「お前は知ってるだろ、俺が夢中になってそのシステムに関わってきたこと」


Sign the dotted liiiine「なんでもないものにサインする」


Now is on, so ya’ll better check your wrist piece「今始まる、だからお前の腕を確認した方が良い」


Why? Coz it’s time to make history「なぜか?それは歴史を作るときが来たからだ」


Just hop in here, bullets history「ここから始まる、弾丸みたいな歴史が」


Howda, howda, howda hell you gonna evict me?「あ?どうやって俺の邪魔をしようかって?」


You know I’m here stay, never cocky now「分かってるだろ、俺はここにいる、決してうぬぼれずに」


With bottles we poppin now, no telling where we stopping now「俺たちは今ワクワクしてるんだ、俺が今立ち止まっている場所を言うな」


And I represent the chickago「俺はシカゴ代表」


On the track with F A B O「この曲でfabolousと一緒だ」


You know we「お前は俺たちのことを分かってる」

タイトルとURLをコピーしました